自分たちのこだわりを大切にしていく

「定年後も人に仕えるなんて、まっぴらごめん」。 熊本県に勤めていた健二さんは、再就職のオファーを断り、奥さんの故郷に定住しました。

山中 健二さん/幸子さん/熊本県/砺波市出身

自分でつくった彫刻刀を手に

久保大樹さんは北海道生まれ。「職人か農業をやりたくて。でも農地はないし」ということで友人に井波彫刻の職人を紹介してもらい、井波を訪れました。

久保 大樹さん/北海道出身

「日本の原風景」に魅了され「旅行会社」を創業

ご主人が富山市局に単身赴任。海、山、圧倒的な風景を持つ富山に惹かれ、家族で富山に移住し、住宅購入することを決意しました。

森田 由樹子さん/北海道出身

二地域居住の「良いとこ取り」

氷見市指崎に家を借りて養蜂業を営み、自宅のある横浜に店舗を購入してハチミツ店を開業。二地域居住で行き来する松田さんをご紹介します。

松田 健司さん/北海道出身

ハード(砥石)からソフト(豆腐屋)へ。

「定年後はどういう生き方をしようか」と思うようになり、横浜から富山市八尾町へUターンして豆腐屋を開業した長枝さんをご紹介します。

長枝 春一さん/美千子さん/富山市出身

女性の視点を大切にして

高岡市生まれの山下さん。仕事や活動の知識・経験を地域の現場で活かしたいという思いをもって、平成17年に、富山県にUターンされました。

山下 久美子さん/高岡市出身

「明るく元気」をモットーにして

魚津市生まれの島崎さんは、平成15年4月に東京からUターン。11月に今のお店「イタリアの食卓ルチアーノ」をオープンしました。

島崎 昇さん/魚津市出身

人のつながりで仕事をしていく

「妻と付き合うまでは、富山がどこかもわからなかった」が、家業の花火師を継ぐために富山へ戻った奥さんと一緒にIターン。高橋さんに移住の経緯をお聞きしました。

大橋 俊希さん/神奈川県出身

いつか竹下通りのような場所にしたい

車社会に対応するため道幅を広げた新湊の商店街。久々の出店となった松尾さんは、「直感でここに店を出すことに決めた」そうです。

松尾 朋子さん/射水市出身

当たり前と受け止めて見えたもの

草野さんは、東京で勤務していましたが、「帰巣本能に誘われて」富山に戻りました。現在は朝日町でそば屋さんを経営しています。

草野 芳治さん/朝日町出身