京都で交流、地方とつながるイベント。今回のテーマは「富山県」
移住者が増えている町氷見、ものづくりの町高岡など「観光・食・暮らし・働き方」など、ローカルをテーマに新たな富山を発見し、交流や関係づくりをゆるくつくるイベントです。
会場は京都五条にあるカフェ&イベントスペースの、GROVING BASEで開催。
富山ならではの飲み物(氷見ワインも予定)や食べ物もお持ちし、基本的にはゆるいイベントなので、どなたでも参加をお待ちしています!

[日時]
平成30年12月6日(木)19:00~21:30
※遅れての参加、途中退場も可能ですので事前にご連絡下さい。

[会場]
シェアオフィス&カフェ・イベントスペース GROVING BASE
(京都市下京区新町通松原下ル富永町107番地1)

[対象者]
興味があればどなたでも参加可能です。
※初めてでも、お一人でも、友人と一緒でもみなさん楽しんで参加頂ける内容です。

《こんな方はオススメ》
・地方に興味があったり、何かやりたいことがある方
・実は富山にゆかりがあるよという方
・富山とか地方に行ってみたいなという方

[定員] 25名程度(申込先着順)

[開催内容]
・乾杯・チェックイン
・富山県ってどんなところ
・ゲスト話題提供
・富山について知るワークショップ
・参加者で交流・つながる

[参加費] 500円(富山産の飲み物・おつまみ付き)

[ゲスト]
加納 亮介さん(東京→高岡市)
(町家体験ゲストハウス「ほんまちの家」管理人)
東京工業大学大学院社会工学専攻に在籍し遠距離通学中。歴史的な資源が残る地方都市での地域再生を勉強したくて2014年に富山県高岡市へ移住。ゲストハウスに関連して、活用できる空き家の情報発信や移住希望者のまち案内などにも挑戦中。趣味はまちの人が集う食堂や喫茶店、銭湯めぐり。

平田佳史さん(大阪→氷見市)
ヒミヒラク運営・氷見市地域おこし協力隊・デザイナー)
香川県出身、関西での仕事を経て2016年夏に地域おこし協力隊として妻の出身地でもある富山県氷見市に移住。
協力隊ではコミュニティスペース「HIRAKU」立ち上げ・運営。
個人ではデザイン事務所「Hitotobi」を営みつつ、氷見ならではの事ができないか画策中。4歳の娘の子育てにも奮闘中。

[申込方法]
イベントページ申込フォームよりお申込ください。

[お問合せ先]
株式会社ツナグム(meetslocalプロジェクト)
担当:藤本・北川
E-mail: info○tunagum.com(○を@に変えて送信ください)

詳細は、富山ナイトイベントページをご確認ください。

Facebookイベントページでも情報更新中!