水深1,000mを超える富山湾や、3,000m級の山々が連なる立山連峰など、「豊かな自然と地域資源」は、富山県の魅力の一つです。そして富山には、そこにしか存在しない地域資源を生かしてビジネスをする方が多くいます。
今回は、富山の地域資源を活用して起業された原井紗友里さんと、立山という雄大な自然とともに働き暮らす大塚憲一さんをゲストにお招きして、地域資源を生かした仕事や富山で実現できるライフスタイルについてお話していただきます。
ゲストトークの後には富山県産品を試食しながら、ざっくばらんに相談・交流できる場も設けますので、お気軽にご来場ください。(参加料無料)

[日時] 平成30年2月7日(水) 18:30~20:30

[場所]
株式会社ビズリーチ
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12階

[定員] 40名(先着順)

[内容]
◆ゲストトーク
・原井 紗友里さん(株式会社オズリンクス 代表取締役/越中八尾ベースOYATSUオーナー)
原井さん.jpg
富山市出身。東京の大学を卒業後、中国・青島(チンタオ)の日本人学校教師を経て、富山にUターン就職。おわら風の盆、八尾曳山(やつおひきやま)まつりに見られる文化的な暮らしと日本の原風景が残る里山に魅了され、2016年1月に株式会社オズリンクスを設立。
「TOYAMAに残された宝を見つけ、守り、その宝の魅力を世界に発信するエキスパートとなる」をコンセプトに、同年4月には「越中八尾ベースOYATSU」をオープン。八尾に残る四季を楽しむ町人文化を体験できる観光拠点として、県内外からはもちろんのこと海外からも多くの人が訪れる。「とやま観光未来創造塾」グローバルコース修了生。
移住の先輩インタビュー記事「「当たり前の日常」の中にあるたからものを伝えたい

・大塚 憲一さん(株式会社トラバース 代表)
大塚さん.jpg
東京都出身。大学進学を機に富山に。
大学院修了から起業までの5年間で、立山の山小屋スタッフや東京でのツアーコンダクター、テレフォンアポイントなど多岐にわたる業務に従事。
海外を旅しているときに出会った「着地型ツアー」のスタイルと、大学時代に初めて登った立山の魅力に引きつけられて2010年に30歳で起業し、立山をメインフィールドにツアー企画やトレッキングガイドを実施。
富山市という「地方都市」で暮らしながら、立山という「壮大な自然のなか」を仕事場とするライフスタイルを確立。
移住の先輩インタビュー記事「都会よりも便利な暮らし」

◆【県産品試食付き】ワークショップ(相談会・交流会)

※プログラムは変更になる場合があります。

詳細およびお申込についてはPeatixホームページのセミナー情報ページをご覧ください。