岐阜県との県境、桂湖ビジターセンター勤務の坂口美紗さんは愛知県出身。
美しい自然を満喫できる様々なエコツアーや体験イベントを企画されています。

 

18坂口 美紗さん

 

—桂湖ビジターセンターで働くきっかけは?

以前は名古屋市内のパン屋で働いていましたが、子供向けの自然体験に関わりたいと思い、退職して、軽井沢でエコツーリズムを企画している会社で2ヶ月間アルバイトをしました。
そこのスタッフが、五箇山で滞在型の観光・体験プログラム作りを行う人を探していると教えてくれました。
それで、初めて五箇山に行き、1週間後には引っ越して桂湖ビジターセンターで働き始めました。

 

—お仕事についてお聞かせください

4月末から11月は桂湖ビジターセンターに、冬季はタカンボースキー場にいます。
エコツアーの企画・運営、修学旅行などの団体の受け入れの他、一般のお客様の対応、コテージの掃除など施設管理も行います。

ツアーの企画では、五箇山・桂湖の大自然を満喫するのはもちろんのこと、赤かぶ・山菜・きのこや郷土料理の朴葉めしや五箇山豆腐などこの地域ならではの素材を生かしたものを組み込んで、食を通しても五箇山らしさを感じてもらえるツアーを考えています。
リピートしてくださるお客さんも少しずつではありますが増えてきました。
桂湖は富山の人でもあまり知らないところですが、とても良い所です。

また、地域の体験プログラム作りや修学旅行生のプログラム作りなどにも関わっています。
桂湖に来て1年目は、合掌の里など地域の施設・団体と連携して主に五箇山の魅力を掘り起こす仕事をしていたからでしょうか。

都会では1つの会社に就職したら、他の組織の仕事になかなか関わることはできませんが、こういった小さな地域では、会社や組織の枠を超えて、まわりの人たちと連携して地域全体の活性化に取り組むことができます。
都会にはないコンパクトさがあります。
地域の山の達人たちは、桂湖周辺の山々や地元の人でもなかなか知らないようなステキな場所にたくさん連れて行ってくれました。
彼らは、五箇山や桂湖の自然や文化・くらしをたくさんの人に伝えたい・知ってもらいたいという強い思いがあります。
私が来たことで、外に発信してほしいと期待しているようです。

 

—山での暮らしはいかがですか?

最初は、借りる家がなくて、桂湖ビジターセンターのコテージに住んでいました。
その後、岐阜県白川村の家を借りることができましたが、ずっと人が住んでいなかったこともあり、雨漏りや雪かきなどなかなかサバイバルな環境でしたが、周りの人たちに助けられ山の暮らしを満喫したかなという感じです。
去年の12月に富山県南砺市の空き家に引っ越しました。
こちらは屋根雪が自然に落ちて脇の水流に流れるようになっていたので、随分楽になりました。

地域のみなさんは、気にかけてくれたり心配してくれたり、でも干渉しすぎず、ちゃんと距離を保って、本当に良くしてくれます。本当にありがたいです。
名古屋では地域の人とこんなに深くつながることはなかったし、こんなに周りの人たちに感謝することもなかったような気がします。

数年前にアレルギーが悪化したことが、自分の暮らしを見つめなおすきっかけになりました。
食を見直し、動物性をとらない食生活をしていた時期もありました。
その時からガラッと生活が変わり、安心安全なものを食べたいと思うようになりました。
そして心もからだも健康でありたいと。

五箇山の暮らしは自然の恵みがいっぱいの暮らしです。畑も自分でやるようになりました。
季節を体で感じて、自然の恵みをいただく。
そういう意味でも五箇山の暮らしは本当にシンプルで、自分にとっては心地よいです。
今も野菜を中心とした食事が基本ですが、おいしいものに出会ったときは、おいしくいただいています。
富山はお魚がおいしいですしね。

 

—大変なことはありますか?

雪が深いとか車が必須など、不便はそれなりにありますが、都会にはない時間の流れや自然の姿、そして何より人とのつながりがここにはあります。
なんとなく自然の中で暮らしたいと思ってここに来てもうすぐ2年。
今のところここにいるということは大変なことより楽しいことのが多かったんでしょうね。
虫やムカデ、ネズミなど動物が多いので、それはちょっとキツイかも。
五箇山インターが近いので、富山市内も帰省先の名古屋も近いです。

 

—将来はどのようにお考えですか?

現在、フルタイムで働いていますが、もう少しのんびりできたらと思っています。
家のことや畑のことなど、自分の暮らしにゆとりを持って丁寧に暮らしたいです。
桂湖のエコツアーやイベントは少しずつ始まったばかりでこれからです。
仕事とのバランスを考えて、自分のリズムを作りたいと思っています。

 

▶︎桂湖ビジターセンターFacebookページ

※現在はスリジェに勤務