富山での暮らし方いろいろ

  • ・・・山の近くや里山で生活
  • ・・・海のそばで生活
  • ・・・街なかで生活
  • ・・・野、里で生活
  • ・・・生活の拠点の半分が富山
  • ・・・富山に腰を据えて生活

富山で働き方いろいろ

気持ちを楽にさせてくれる今の暮らし

富山県では珍しい、おふたり揃って在宅で仕事をしている水木さんご夫妻。 東京からUターンし、デザインで富山の魅力を発信されています。

水木 琢也さん/一葉さん/滑川市出身

ケンカも家族が集まっている証拠

二人のお子さんを育てながら、数年前に東京で生活するご両親も富山に呼び寄せ、入善町で見つけた一軒家に再び家族全員が集まりました。

岡田 俊一さん/美幸さん/東京都出身

自分に向き合える場所を見つけました

プロのガラス作家を育成する専門教育機関、『富山市立 富山ガラス造形研究所』の卒業生である鈴木俊也さんは、愛知県出身。

鈴木 俊也さん/愛知県出身

とにかく飛び込もうと山の中へ

16年前、静岡県から富山県旧利賀村へご家族で移り住んだ江尻美佐子さん。 当初はさまざまな文化や習慣の違いを経験しました。

江尻 美佐子さん/静岡県出身

よろこびが提供できる場所を持てたら

お子さんが生まれたのを機に入善町へUターンし、同町のまちなか交流施設うるおい館1階に『TREE(ツリー)』をオープンした米原さん。

米原 庸介さん/佳奈さん/入善町出身

オーストラリアを知るきっかけ作り

日本に移住したトム・フェンウィックさんと、語学留学の経験を持つ多美さんご夫妻。

トム•フェンウィックさん/多美•フェンウィックさん/オーストラリア出身

ひとつひとつ私の手で丁寧に積み上げる

400年以上の伝統を持つ城端絹織物のシンボル、『じょうはな織館』の新スタッフとして2015年5月から加わった仁保文佳さん。

仁保 文佳さん/群馬県出身

気がつくとここに来ていました

標高1000m以上の山々に囲まれた、人口約600人の小さな山村。 南砺市利賀(とが)へ2014年3月に移り住んだ干川拓海さん。群馬県嬬恋村の出身です。

干川 拓海さん/群馬県出身

かたちになっていくことが楽しいです

氷見市の空き家を活用して自然と暮らす家「つくるひ」をスタートした荒木さんご夫妻。自然に沿った中で「つくる」を楽しむ場です。

荒木 真人さん/果苗さん/富山市/愛知県出身

山も海も希望の人は是非氷見へ

氷見に移住した仲間で立ち上げた「氷見のたから探し研究所」のメンバー・佐藤文敬さんは宮崎県出身。2015年3月、氷見市へ移住しました。

佐藤 文敬さん/宮崎県出身

田舎暮らしじゃなくて家を継ぐために

環境フェアで出会い、結婚。翌年に、奈緒さんの祖父母の家がある富山県朝日町に“孫ターン”しました。

善田 洋一郎さん/奈緒さん/長野県/東京都出身

大変なことをプラスに変えて考える

東京都出身の坂口直子さんは、2007年に祖父母が暮らす朝日町へ孫ターン。 この4月、かねてより思い描いていた夢を実現しました。

坂口 直子さん/東京都出身