地元での暮らし方いろいろ

収穫の喜びを体験できる農園に

2017年夏、魚津市にオープンしたブルーベリー狩り体験農園「むかいさんちの農園」。元魚津市役所職員の向中野芳和さんが農園を始めたきっかけや、魚津市で農園を営む魅力についてお話してくださいました。

向中野 芳和さん

立山がもたらしてくれる力

立山連峰に見守られた役場で働く水上さんと林さん。立山町の雰囲気や町で行う移住支援制度について、お話してくださいました。

水上 春美さん/林 啓子さん

散居村の特徴を活かして

「砺波土蔵の会」の代表でもあり、「空き家再生等推進協議会」の委員長でもある尾田さんに砺波市の良さを教えていただきました。

尾田 武雄さん

移住者ではなく“砺波人”を

2015年の「住みよさランキング」で8位に入り、注目度が高い砺波市。市職員の金子幸弘さんと地域おこし協力隊の野水淳一さんに根掘り葉掘り伺いました。

金子 幸弘さん/野水 淳一さん

次の世代に残すために

金屋町の定住促進に取り組む金屋町元気プロジェクト。そこで委員長として精力的に活動されている加藤昌宏さんにお話を伺いました。

加藤 昌宏さん

生活の営みを伝えて

あさひふるさと体験推進協議会に勤務し、様々な企画に取り組んでいらっしゃる上澤聖子さんの活動をご紹介します。

上澤 聖子さん

ワークショップから始まること

若者の“まちなか居住”を促進する「高岡まちっこプロジェクト」。荒井里江さんに“まちなか居住”への取り組みとその想いを伺いました。

荒井 里江さん

若い力が集結し、守る伝統

約400年もの間、脈々と受け継がれてきた高岡の伝統工芸。先輩たちの技とアツい思いを守り続けてきた「高岡伝統産業青年会」の活動をご紹介します。

定塚 康孝さん

地域の人をまきこんで

立山町・東谷地域。かつて深刻な過疎化に悩んでいたこの地域に誕生した「立山自然ふれあい館」。これまでの村おこしの取り組みをお聞きしました。

大江 茂さん

夢が叶う場所にできたら

朝日町を盛り上げたい人が集まる場所をつくりたい。会社のスペースをコミュニティの場として活用する坂東さんが、移住者への思いをお話しします。

坂東 秀昭さん

1 / 212