0001

北陸新幹線の開業により、ぐっと身近になった富山県。
新高岡駅がある富山県高岡市は、江戸時代から銅器、漆器、菅笠などの製造が盛んなものづくりのまち。明治以降は、アルミ、金属加工、製紙、化学、医薬品等の近代産業が育っており、みなさんの知らないところで、生活のあちらこちらに「Maid in 高岡」の商品が入り込んでいます。
高岡に行くと、ものづくり体験ができる工房に気軽に行け、さらに毎年秋にはクラフトに親しむことができる一大イベントが開催されているなど、実は、国内でも有数の”ものづくりを体感できる”「ものづくりのまち」なのです。
今回は、高岡に400年伝わる鋳造技術に革新的なアイデアを加え新たなものづくりに挑戦し続けている株式会社能作の能作克治社長を中心に、高岡のものづくりにゆかりのある方々の話から高岡の伝統工芸の今と未来を感じていただけます。

[日時] 平成29年2月14日(火)19:00~21:00(終了後交流会あり)

[会場] TIP*S(千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区)

[対象]
・ものづくりに関心のある方
・地域での暮らし・仕事に関心のある方、UIターンに関心のある方
・地域再生、地方創生に取り組んでいる方、関心のある方
・転職、就職を考えている方
・学生及び大学の就職担当の方 など

[内容]
1 ものづくりトーク(伝統工芸だからできること、高岡だからできること)
株式会社能作 代表取締役社長 能作克治さん
高岡ゆかりの方からのプロローグトーク
コトノオト代表 上野賀永子さん
(株)枻出版 林 尚史さん

2 トークセッション&参加者との対話

[参加費] 無料(終了後の交流会費として1000円を当日いただきます)

[定員] 20名(事前申込み)

[お問合せ]
中小機構TIP*S
TEL:03-6212-1840
E-mail:info-tips○smrj.go.jp(○を@にかえて送信ください)

詳細およびお申込みはこちらをご確認ください。