市民に聞きました!氷見市ってこんなとこ

〝日常の暮らし〟が一番の自慢です

特別なモノがなくても、この土地での “日常” が一番の自慢です。氷見といえば寒ブリのイメージが強いと思いますが、その他の食材も素晴らしい。スーパーにならぶ魚や野菜の新鮮さと種類の多さに、誰もが驚くはずです。

ここが魅力

海、山、まちの全部を楽しめる

海、山、まちの距離が非常に近く、美しい景色が暮らしに溶け込んでいます。

氷見漁港ではブリなど豊富な種類の魚が水揚げされるほか、

氷見牛、うどん、米、梅など食材の産地でもあります。

くらしの情報

人口 48,085人   面積230.56㎢  (平成27年10月現在)

買 い 物

スーパー 6

ショッピングセンター 3

家電量販店 2

ホームセンター 3

農産物直売所 9

医  療

病院 4

一般診療所 24

歯科診療所 16

介護保険施設 9

有料老人ホーム 4

教  育

保育園 14

幼稚園 1

認定こども園 1

公立小学校 12

公立中学校 6

(平成27年4月現在)

Pick Up支援策

移住コンシェルジュが総合的にサポート

移住希望者の要望をもとに、一人ひとりに合ったコースで氷見をご案内します。

趣味に関する場所や移住者の先輩もご紹介!

もっと詳しく知りたい人は

商工・定住課

TEL : 0766-74-8075

〒 935-8686 氷見市鞍川 1060

氷見市公式ホームページ

氷見市IJU応援センター「みらいエンジン」

neta-himi
海に近く、高い山と距離があるので近年豪雪は起こってません。

mark-himi

冬の日本海の王様・ブリ。氷見のブリは脂ののりが抜群です。重さ6キロ以上のものは「ひみ寒ぶり」のブランド名がつけられます。